切らずにできる豊胸術とは?

豊かでハリのあるバストは女性の憧れ。それだけに、胸が小さい、あるいは授乳後ハリがなくなってしまった、などの悩みは本人にとっては深刻です。豊胸手術を受ければ大きくすることはできるけど、手術には抵抗があったり、あるいは何日も入院することができないという人もいるでしょう。そんな人におすすめなのがメスを使わない豊胸術です。

切らずにできる豊胸術の代表的なものにはヒアルロン酸注射があります。バストにヒアルロン酸を注入することによって大きくする、というものです。注射だけなので施術は短時間で簡単に済み、入院は不要、ダウンタイムもほとんどなく、日帰りで行うことができます。そのため、まわりの人に気づかれずに受けることも可能です。

ヒアルロン酸は元々人の体内にあるものなので、アレルギーなどの心配もなく安全なものです。注入の量や位置を調節することで細かなデザインも可能となっており、大きなサイズアップは望めないものの自然に胸を大きくでき、形を整え、左右のバランスを整えることもできます。ただし注入したヒアルロン酸はいずれ体内に吸収され、効果は消失してしまいます。最近使用されている低吸収タイプのものでも持続期間は2年程度といわれています。

最近ではレーザー光線を当てることで脂肪細胞の膨張を促す新しい豊胸術も登場しています。ただし今のところ対応しているクリニックは少なく、効果にも個人差があり、費用もかなり高額になるという難点があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です