豊胸手術の種類~バッグ挿入法~

自分のバストに自信が持てないという女性は、数多くいます。バストは女性の象徴ともいえるパーツという事もあり、ボリュームが無い、また左右の大きさが違う、加齢により垂れてしまったなどが原因で、コンプレックスに感じてしまいがちです。このようなバストの悩みを解消してくれるのが、「豊胸手術」です。豊胸手術には様々な種類がありますが、「バッグ挿入法」は仲でも1番古くから行われている、豊胸手術となっています。

バッグ挿入法は人工シリコンを、バスト部分に挿入しボリュームを出したり、形を整えるのが特徴です。人工シリコンの形や種類は多岐にわたっており、自分が希望するバストの形に、近づけやすい点がバッグ挿入法の、メリットと言われています。バストのサイズを2カップ以上、大きくする事もできるという事から、バストにボリュームを出したいという方に、選ばれている豊胸手術です。バストに人工シリコンを挿入する時は、バスト部分ではなく脇の下を切開し、そこから施術を行います。

ですので、バストに傷跡が残ってしまうという事は、一切ありません。脇には傷が残ってしまいますが、わずか数センチと大変小さいですし、脇のシワと同化するので、豊胸手術を行ったという事は、分かりにくいでしょう。バッグ挿入法にかかる費用は、使用する人工シリコンの種類や大きさ、そしてクリニックによっても変わってきます。平均的な費用として、約80万円から100万円程を目安にすればいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です